スポンサーリンク

25.打上げ花火

スポンサーリンク
ルメディカ シャインホワイト



初めましての方は第1話からどうぞ✨



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━



ある街で毎年7月に開催されている花火大会。

花火の数は数万発で、

結構大規模な大会だ。

当日はその街の人口の数倍の見物客で

街は人でごった返しになる。

私は地元だったから

毎年行われる花火大会は特に目新しいとも

思わなかった。

でも、その年の花火大会は特別だった。

悠介くんと一緒だったから。







待ち合わせの駅のコンコースに着くと、

悠介くんがすでに待っていた。

「お待たせ。待った?」

「待ってないよ。今来たところ。」

彼は笑顔で答えて、私に手を差し出した。




この日は普段より特段に気合いを入れてきた。

紺地に白の百合模様の浴衣に

青紫の帯を合わせて、

髪はアップにして左右少しだけ髪を残す。

おまけに風鈴のピアスをつけた。

アラサーは頑張りました・:*+.\(( °ω° ))/.:+



二人で電車で約30分揺られ、

花火会場の駅に到着した。


花火の打ち上げ時間が始まるまで

出店で食べ物を買ったり、

お土産店や観光スポットを見て回った。

実はちょっとした観光地で、

恋人の聖地もある場所。

お祭りじゃなくても、

デートには絶好の場所だと思う。






開始直前になり、よく見えそうな所で

場所取りをしていると

花火が始まるアナウンスが流れた。






今まで忙しなく動いていた人々の群が、

アナウンスをきっかけに

まるでスローモーションのようにゆっくりとした流れになる。





花火が始まった。

小さい花火が続いたあと、

大玉が打ち上がりたくさんの大輪の花が空を彩る。

まるで夜空の太鼓を勢いよく

叩いているような豪快な花火の音が重なる。



私たちはずっと手を繋いだまま

「わー」とか「綺麗ー」とか

言いながら花火を堪能した。

私は花火の明かりに照らされた彼の横顔も堪能した。



花火大会あるあるで、

終了したらとんでもなく混み合うことが

予想できた。そこで、

私たちは全ての花火が終わる前に電車に乗ることにした。





初めての花火デートの余韻に

少しだけ後ろ髪を引かれたけれど、

満員電車に乗るよりはいい。

窓からはまだ花火が打ち上がるのが見えた。

「楽しかったね」

「綺麗だったね」

なんて言いながらキャッキャと楽しくおしゃべりしていた。






その時、スマホの画面に着信が表示された。

“彼”である。

今出れるわけがない。


普段あちらからは連絡してこないのに、

よりによって今電話してくるなんて。

すぐにLINEが来た。

彼なりに勘でも働いたのだろうか。


悠介くんに見られないかと思って心拍数が急上昇する。



彼

何してるの?

私は悠介くんに見られないように返事を送る。

うつ子
うつ子

友達と花火大会に来てるよー😀

彼

そうか。楽しんでね。

たったこれだけのやりとりだったけど、

つい今まで浸っていた花火大会の余韻は消し飛んでいった。






“このままじゃいけない”


いくらエアー彼氏がギャンブル浮気野郎でも、

二股は人として最低だ。

今のままじゃいつか全部ダメになる。

この状況を変えたい。

できれば幸せな結末で。





そうだ、悠介くんと結婚しよう!

男性諸君、これが本物のうつメンヘラ女の超短絡的思考だ。





私は心の中でターゲットに照準を合わせる。

確実に結婚したい。絶対したい。

さて、そのためにはどうしたものか。





あ!あの本だ!!!

悠介くんと付き合うために使った恋愛心理学で

( 」`Д´)」<このまま結婚してやる!!!!





そう、またあの本を開くときがきた。

タイトルとURLをコピーしました