スポンサーリンク

20.パンドラの箱

スポンサーリンク
ルメディカ シャインホワイト



初めましての方は第1話からどうぞ✨



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━



時計は夜の12時を指そうとしている。

暗い部屋の中で、

パソコンの明かりだけがついていた。

そのパソコンの前に座って

悠介くんのLINEを勝手に

見ている私。

暗闇の中で画面の明かりに照らされた

私の顔面はホラーだっただろう。

LINEの中の悠介くんと元カノとの

やりとりをすぐに見つけた。








悠介
悠介

今までの中で一番好きなのはかなこだよ

かなこ
かなこ

そんな風に言われると嬉しい(*´꒳`*)前に言ってた年上の人は?

悠介
悠介

掃除とか洗濯とかしてくれる。

かなこ
かなこ

なにそれwお手伝いさんじゃん😝

悠介
悠介

そそw便利なお手伝いさん🤣🤣🤣

  


便利なお手伝いさん








その文言を見た瞬間、

私の思考は完全に停止した。






ダメだ。

これ以上ここにいると死んでしまう。

吐き気とめまいが同時に襲ってきた。

立てない。

座ってもいられそうにもない。

なんでもいいから一刻も早くここから去りたい。

ベッドの中の悠介くんは

私がLINEを見てるとも知らずにぐっすりと眠っている。




ああ、これまでだ。




私が今までやってきたことは全部無駄だった。

やっぱり私は30代のブスで、

これは分相応をわきまえなかった罰。





自分を否定する声が心の中で膨らんでいき、

決壊した心のダムから悲しみの感情が

土石流のごとく流れだし

私の心をグチャグチャにした。






落ち着いて。

冷静にならなきゃ。

とりあえずここを出よう。







「悠介くん、ちょっと用事ができたから帰るね。」

まるで何事もなかったかのように

平然とした態度で、眠っている彼を起こす。

「え?そうなの?」

寝ぼけ眼で驚いた様子だ。

そりゃあ、泊まりに来た彼女が夜中になって

『いきなり用事ができたので帰ります』

と言われたら驚くだろう。



帰り支度をして玄関へ向かうと、

悠介くんがいつもと同じように送りに来た。


私は悠介くんと向かい合う。

「ごめん。パソコンのLINE見た。」

悠介くんの表情が固まった。

けれど、私は続けた。

「ありがとう。無理させて付き合わせてごめんね、私一人で舞い上がってたみたい。

もう大丈夫だから。バイバイ。」

「え、なにが、、、」

バタンッ





悠介くんは何かを言いかけたけれど、

もう何も受け取る余裕がなかった私は、

そのまま部屋から飛び出した。







気分は最悪of最悪。もう瀕死の重症。


心のダムと涙腺が決壊して、

涙で顔がさらに決壊。

今日は決壊続きだ。

さて、どこに行こう。

目の前には夜の闇が広がるばかり。

タイトルとURLをコピーしました