スポンサーリンク

10.相手の潜在意識に自分を残す【ルッキング・マイ・アイズ】

あ
スポンサーリンク



ダブルバインドの心理学テクニックで、また会う約束を取り付けることができた。

次はなんとしてでも私の印象を深く残さなければならない。

私はこれからの戦略をシミュレーションしながら、

緊張して悠介くんの部屋の玄関前にいた。

ドアホンを鳴らすと、悠介くんがドアを開いて招き入れてくれた。

目の下に隈ができてて、なんだか疲れている感じがする。ちょっと心配である。

私は笑顔で挨拶して、コンビニで買ったプリンを渡した。

悠介くんは、可もなく不可もないような表情で

「ありがとう。」と呟いていた。

私「甘いもの好き?」

悠介「甘党な方かも」

私「じゃあよかった。」

甘党情報ゲット。

こんな何気ない会話の最中、私は悠介くんの目をじーっと見つめていた。

相変わらずのまつ毛の長さである。羨ましい。

いや、そういうことではない。これも大事な戦略なのだ。

悠介くんの目を2秒くらい長めに見つめた。

悠介「見過ぎじゃない?」

私「かっこいいから見ていたいのよ。」

悠介くんはちょっと嬉しそうに笑った。

褒められて嬉しくない人はいないはず。この反応は悪くない。

悠介くんと会って久しぶりに楽しい時間を過ごせた。




スポンサーリンク

ルッキング・マイ・アイズ

この時点で私と悠介くんの状態は都合のいい関係だった。

私が帰った後、1日も経てば彼は私の顔なんて

思い出そうと思っても、どんな顔だったかも思い出せないだろう。

その程度しか彼の印象には残っていない。

興味がない異性の印象なんてそんなものだ。

まずは、顔を思い出せるくらいに覚えてもらう必要がある。

その方法の一つが『ルッキング・マイ・アイズ』だ。

人は眼球の動きを止めて一点を見つめると、

視線の先に映るもの以外に対しての思考が停止する。

つまり、その間は私の事しか見えなくなる。

目を長めに見つめることで相手の視界に映る時間が長くなり、

潜在意識に自分をより認識させることができる。

本当は相手に気づかれない方がいいみたいだけど、

私は気づかれても相手の目を見つめて話し続けた。

今後気になる異性と目が合ったり、話をするときには

いつもよりも2秒くらい長めに見つめることを

意識してみてほしい。

きっと相手に自分の印象を残すことができるはず。

また、鈍感な相手じゃなければ

“この人、自分に気があるのかな”

と思わせることができる。

もしも見過ぎだと突っ込まれたら、

さっきの私達の会話みたいに誤魔化したらいい。

その時に相手が照れたら

少なくとも嫌われてはいない証拠だ。


ポチッとお願いします🥺↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
pairs2
恋愛心理学メイン
スポンサーリンク
元うつ子をフォローする
スポンサーリンク
30代うつ女が20代年下イケメンと結婚してテレビに出た話
タイトルとURLをコピーしました