スポンサーリンク

27.共依存のテクニック

スポンサーリンク

悠介くんは、私が思っていた以上に繊細だった。

そのせいか、自分以外の人間に対してどのように接していいのか

複雑に考えすぎてしまい、友達は少ない方である。

前まではいつもどこか冷めた態度があって、

それは別に私以外の人間に対してもそうであったらしい。

憂いを帯びていて、男の子だけど色気があって

それがまた魅力的に見えた。

彼はいわゆる『非モテのイケメン』である。

よかった。ウェイウェイ明るくてノリが良くて誰に対しても好かれるようなイケメンじゃなくて。

もしそうだったら、おブスなアラサーの入る余地はなかっただろう。




そんな彼に対して、最初は遠慮して行動をしていたけれど、

花火大会の後からは甘えることを心がけた。

悠介くんがアイスを食べている時

『アイス食べさせて〜』

彼の部屋から一緒に出かける時

『鍵忘れた!取ってきて〜』

仕事から帰ってきた時

『疲れたー。頭なでなでして〜』

少しだけ甘えた声で、ちょっと図々しくらいに。

お願いしたあとは、必ずありがとうと感謝を伝えることを忘れなかった。

“あれ取って〜”から、最終的には

“マッサージして〜”までハードルを上げていった。

作戦は大成功で、後々彼の依存っぷりが目に見えてわかるようになった。



スポンサーリンク

共依存のテクニック

基本的に、人は誰かの面倒をみたり世話を焼くと、

優越感を得る。

これは、心理学や医療を学んだことがある人なら必ず知っている

マズローの欲求の5段階目『自己実現の欲求』に繋がる。

つまり、人に優しくすることで

“俺って優しい、良い人間だ”

という自己に対しての評価が上がるのである。

この快感に大きく影響されるタイプの人間は、

ボランティアなどの慈善事業にハマっていく。


これを利用するのだ。

回数を重ねてくると、些細な世話をすることが生きがいに近いものになり

”こいつは俺がいないとダメなんだ”

と相手に思わせることができるわけだ。

相手からしてみればこちらが依存しているようにみえるかもしれないが、

本人が気が付いてないだけで依存しているのは自分なのである。

ただ、この方法を頻回に使うのであれば恋人以上の関係が望ましい。

恋人でもないのに相手に色々お願いしすぎると、

ただの面倒臭い人というレッテルを貼られる恐れがある。

やり方自体は案外簡単なので、相手を依存させたい人は

是非とも使ってみて。




タイトルとURLをコピーしました