スポンサーリンク

16.関係性が変わるとき

スポンサーリンク

週に3、4日と次第に悠介くんの部屋で過ごすことが増えていき、

通い妻としてだいぶ板に付いてきた。

相変わらずお掃除したり、ご飯を作ったり。

私が彼の家にいることが、私にとっての日常になっていたように、

悠介くんにとっても、私がいることが日常になってきていたんじゃないかな。

いつものように悠介くんの部屋で

二人でくつろいでいた。

テレビを見たり、じゃれあったりして。

悠介くんは私が彼に本気で好意があるなんて

露ほども思っていないんだろう。

『友達以上恋人未満』ていう言葉は

気持ちがない側から見れば

なんて便利な単語なんだろう。なんて考えていた。

それでも、やっぱり楽しいものは楽しい。

そしてそんな時間は早く過ぎてしまう。

あっという間に彼の部屋を出なければいけない時間になった。

明日は仕事。相変わらず職場の人間関係は最悪で、

仕事のことを考えるだけでも憂鬱になる。

夢から現実に戻るように、彼の家を出ようとした。

その時、

悠介「あのさ、今度ちゃんとしたデートしよっか?」







今この人何て言った?



彼の突然の言葉がすぐには理解できず

私はただただ固まってしまっていた。

悠介「うつ子さん色々してくれたり、最近一緒にいると楽しいなと思って。」

まだ夢の中なのか。

何日も雨曇りが続いていた私の恋愛模様は、

いきなり現れた悠介くんの五光によって、

一瞬で空の隅々まで晴れ渡っていく。

さあ、収穫の時は近いぞ。

ポチッとお願いします🥺↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
pairs2
メイン
スポンサーリンク
元うつ子をフォローする
スポンサーリンク
30代うつ女が20代年下イケメンと結婚してテレビに出た話
タイトルとURLをコピーしました