スポンサーリンク

12.【イメージボックス】を制するものは恋愛を制する

スポンサーリンク

単純接触効果を狙って悠介くんのところに通うにつれ

私の中で彼と会うことは

ほとんど私の生きがいになっていった。

時間を重ねるにつれて、悠介くんの態度も柔らかくなってきており、

恋愛心理学の効果を実感していた。

もちろん、単純接触を増やすだけではこの効果は出ないだろう。

それ以外のテクニックを重ねることにより、より大きな成果を望むことができるのだ。

私は彼と会うときは、必ず1つは彼の良いところを見つけた。

「今日の服装とても素敵だよ」

「ギター弾けるなんてすごい」

「なんでそんなに優しいの」

「センスがいいよね。さすが」

そうやって私が言葉にする度に、悠介くんは気恥ずかしそうな表情をみせた。

多分褒められ慣れてないのだろう。

その効果は悠介くんだけで終わらなかった。

いつの間にか悠介くんのいいところばかりが目に写って、

どんどん自分の中の彼への気持ちが

大きくなっていることに自分でも驚く。


ある時二人でくつろいでいると、悠介くんが

「うつ子さんいつも褒めてくれるから、ちょっと勘違いしてくるよ?」

と私の肩を抱き寄せた。

全然勘違いしてもらってかまわなかったけど

まだこちらの気持ちを伝えるのは早い。

まだ勇気がない。

私は何も言わずに微笑んで、彼にそのまま身を任せた。

スポンサーリンク

イメージボックス

イメージボックスとは、相手から「自分はこう思われているだろう」という

相手の中で作り上げられているであろう自分のイメージのことである。

「彼は私のことを≪大人しくて可愛い女の子≫だと思ってる」

「彼女は僕のことを≪優しくて頼れる男≫だと思っている」

≪≫がイメージボックス

人は誰にでも自分のイメージボックスを相手の中に設置する

そして予測で相手からこう思われているだろうと想像するのである。

人間は相手が自分に好意を持っていると知ると、

積極的になったり、親近感を覚える。

このことから、イメージボックスを

育てることが重要となる。

つまり、“私はあなたのことをとても良く思っていますよ”アピールが

必要となってくる。

イメージボックスを育てるにはどうすればいいのか。

簡単だ。相手の良いところを認めてあげたらいい

そこで、恋愛においては有名な“さしすせそ”

がとても使いやすい。

さ=さすが
し=知らなかった
す=すごい・素敵
せ=センスがある・センスがいい
そ=そうなんだ

一見褒め言葉の羅列だが、単純に褒めればいいという話ではない。

相手の長所や強みを認めてあげることが重要だ。

褒めることと認めることは似ているが、

ただ褒めるだけでは相手のイメージボックスは育たない。

心の奥底から表情に出して褒めろ


人は不思議と良いイメージボックスのような

人間に近づきたいという性質がある。認められることは

誰でも嬉しいことだからだ。

相手のイメージボックスを育てることで、

結局はそれが自分のプラスになって返ってくる。





ポチッとお願いします🥺↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
pairs2
恋愛心理学メイン
スポンサーリンク
元うつ子をフォローする
スポンサーリンク
30代うつ女が20代年下イケメンと結婚してテレビに出た話
タイトルとURLをコピーしました