9.A or B で質問するダブルバインド



初めましての方は第1話からどうぞ✨



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━





数日後、私は悠介くんに連絡した。

うつ子
うつ子

お久しぶり( ^ω^ )

今週水曜日か金曜日、どっちか会おうよ✨



メッセージが既読になった。

よかった。とりあえずブロックはされてない。

ブロックされてたら私の人生オワコンだったな。






それから数分間、スマホの画面を見たり見なかったり

ソワソワした。






誰かに興味や好意を抱くと

スマホの画面にその人からの

着信のお知らせが表示されることを

待ちわびてしまう。

1分間が1時間にも感じられる。

それはもう相手に恋している証拠だ。

私はこの時すでに

彼に恋していたんだと思う。









数分後。

悠介
悠介

じゃあ、水曜日の夜なら大丈夫です。

はーい✨じゃあ着いたら電話する(*´꒳`*)

前回のあの冷たい態度は一体何だったんだ。

それくらい悠介くんは普通の対応だった。

ただ、ブロックされていないことと

まだ会ってもいい対象であることがわかって嬉しい。








これでとりあえず次のチャンスを作ることができた。

第一作戦は成功。





早く今の生活から抜け出したい。

でも、行く場所もない。

だったら逃げ場所を作ればいい。




悠介くんを私のオアシスにする




この時の彼はまさか自分が標的にされているなんて

思いもしなかっただろうな。






世の中には、うつ病になるのは

“甘えているから”とか

“心が弱いから”などと言う人がいる。

私も好きでなったわけではないし、

できれば毎日笑って仕事して恋人と普通に過ごし、

結婚して幸せになりたかった。

でも、世の中にはどうしても他人をいじめたり、

陥れて自分を優位にしたいと考えている人間が少数いる。

誰かのブログでも見たけれど、いじめは絶対的にいじめる側の人間が悪い。

もうとにかく早く逃げたかった。





私は悠介くんに一筋の希望の光を見ていた。

ここからは負けられない戦いの始まりだ。

デートを断られないダブルバインドテクニック

今後、私がよく使うことになったダブルバインドテクニックは

自分の希望を通したいときに、相手に選択肢を与えるフリをして

結局自分の希望を通すことができる方法。

簡単に言えば、

選択肢から“NO”を消すこと。

ものすごく簡単なことだけど、

使いこなせれば自分に得となる。

色々な使い方があるけど、

恋愛の場面では

A or B = C ←Aを選んでもBを選んでも結局Cになるように促す

この方法がシンプルで簡単。

【例】

『今度飲みに行かない?』←× NOと答えることができる

『今度の休みに映画かカラオケに行こうよ。』←○ 行くことが前提

『洗濯と掃除どっち手伝う?』←○ することが前提

NOの選択肢がないことは、

時には強引なイメージを

持たれてしまう可能性もある。

相手の表情をよく見て

難しそうなら一旦引こう。

タイトルとURLをコピーしました