メイン

恋愛心理学

28.恋人たちの“あいうえお”&“さしすせそ”

言葉はすごい。 自分以外の人間に意思を 正確に伝えることができるのだから。 言葉を複雑に使いこなすのは人間くらいだ。 使いようによっては相手に好かれることも、 嫌われることもできる。 あなたの周...
恋愛心理学

27.共依存のテクニック

悠介くんは、私が思っていた以上に繊細だった。 そのせいか、自分以外の人間に対してどのように接していいのか 複雑に考えすぎてしまい、友達は少ない方である。 前まではいつもどこか冷めた態度があって、 それは別に私以外の...
恋愛心理学

26.そこにあるメッセージ【サブリミナル効果】

花火大会から数週間後、悠介くんと街をデートしていたら よく行くショッピング施設で『夏の川柳を書いてみよう』イベントが行われていた。 街デートなんて、特に目的もなくただブラブラしていることが 多かったので、こういうイベント...
メイン

25.打ち上げ花火

ある街で毎年7月に開催されている花火大会。 花火の規模は数万発で、結構大きな大会だ。 当日は人口の数倍の見物客で街は人でごった返しになる。 私は地元だったから、毎年行われる花火大会は特に珍しいものでも なくなってい...
メイン

24.お花畑

あれから雨の季節を通り過ぎ、本格的に暑い夏がやってきていた。 晴れて本当の“彼氏彼女”になった私と悠介くんは 一緒に色々なところへ出かけた。 主に街をぶらぶらすることが多かった。 よくカフェ巡りをして、コーヒーを飲...
メイン

23.真実。その先へ

カフェで注文をして、悠介くんと向かい合って座る。 恋愛心理学的に言えば、隣同士かもしくはL字になるように 座った方がお互いにリラックスして親密度が高まる。 でも今回は、真剣な話し合いのため真正面に向かい合った。 「...
メイン

22.平手打ち

次の日、悠介くんからLINEが来た。 悠介 LINEのことごめん。 あれが本音じゃないの? 悠介 あれは、そういう会話になったから。。。 なんで元カノとまだ連絡とってるの? 悠介 それはごめんなさ...
メイン

21.独り善がり

独り善がり[名・形動]他人の意見を無視して、自分だけでよいと思い込んでいること。また、そのさま。どくぜん。「独り善がりな(の)言動」引用元:goo辞書 悠介くんの部屋を飛び出した私は、 まだ彼のマンションの前にいた。 『...
メイン

20.パンドラの箱

時計は夜の12時を刺そうとしている。 暗い部屋の中で、パソコンの明かりだけがついていた。 悠介 今までの中で一番好きなのはかなこだよ かなこ そんな風に言われると嬉しい(*´꒳`*)前に言ってた年上の人は? 悠...
メイン

19.LINE

季節は春から初夏へ移り変わろうとしていた。 悠介くんとちゃんと付き合うことになってから2週間。 相変わらずの通い妻だったけど、今は私は悠介くんの彼女だ。 私は悠介くんと一緒にいることが生きる活力になっていた。 想像...
タイトルとURLをコピーしました