スポンサーリンク

A or Bより強力!? 家事のお願いには分担話法

スポンサーリンク
ルメディカ シャインホワイト

結婚して子供ができると家事は困難を極める。

足元にまとわりついてくる我が子を捌きながら

髪を振り乱して家事をするのは大変だ。

そんな時こそ旦那さんの出番!


「私が掃除しておくから、洗い物お願いしていい?」

「ちょっと洗濯物するから、〇〇くん観ててくれる?」




“〇〇するから、△△してくれる?”

人は基本的にあれこれしなさいと指図されるのが嫌いだ。

ところが、ただ言い方を変えるだけで

「わかったよ。」

と引き受けてくれるのである。


人は相手に借りを作りたくないという性質を利用した心理学だ。

これを分担話法という。




我が家ではこんな感じで、

悠介くんは素直に家事を引き受けてくれる。




結婚生活はいかに旦那を良い旦那に育てることができるかで

良いものにも悪いものにもできる。

結婚生活で旦那さんが協力的じゃない人は

日頃から旦那さんへどんな言葉かけをしているのかを

思い出してみて。

間違っても相手を否定する言葉は使ってはいけない。

本当にその通りの人間になってしまうからね。

そうなると、なかなか結婚前の優しかった旦那さんに

戻すことは難しい。



話が逸れたが、

分担話法は私が悠介くんと結婚前によく使っていた「A or B」によく似ている。

「A or B」では、選択を相手に委ねていたが

「分担話法」では自分が苦手なことをさりげなく相手に流すこともできる。

子どもの相手など体力が必要なことは

若い悠介くんが担当してもらえる。

こんな感じで、恋愛心理学で旦那をゲットした私は

心理学のおかげで現在も円満な結婚生活を継続中だ。

タイトルとURLをコピーしました